やり直しが非常に困難

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。
インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。
虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。
自費診療なので、かなりの額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
インプラントで噛むようになり、しばらくして自分の歯と同じように噛めたのでインプラントが正解だったと思います。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのは必須です。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療が事故につながる可能性があります。
今は、このような病歴があるからといってインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
ずっと使い続けられるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。
歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、必ず守るようにしてください。
日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。
治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。
インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。
例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。
最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。
とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めると取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。
麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
入れ歯で食べることに抵抗がある、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってぴったりくるのはインプラントです。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を重視する方には最適です。
購入はこちら>>>>>ホワイトニング用歯磨き粉で歯をケア